あのころ、もっとサポートしてあげていれば…

 

 よく聞く話です。後悔先に立たずと申します。実を言いますと、私じしん、学習塾に通ったことはありません。親に塾通いをすすめられたことはありますが、当時は、「学校で勉強を教わっているんだから、それ以上どうこうする必要はない。」そう思っていました。しかし、今になってみれば、自分の幼さゆえの視野の狭さがよくわかります。お子さんの模擬試験の結果を冷静に見ればわかるように、プラスアルファの勉強が必要な場合が多いのです。私もそうでした。では、親は子にどういう言葉をかければいいのでしょうか。

 

 「勉強しなさい」。これを言うと、子供はやる気をなくします。考えてみてください。命令されて何かをするのが好きな人はいますか? 大人がいやなことは、子供だっていやなのです。では、どうすればいいのでしょうか。

 

 親の自分が勉強を見てやればよい? たいていの場合、それは違います。なぜなら、自分の子がもし問題が出来なかったとき、冷静になれない場合がほとんどだからです。「なぜこのくらいの問題が出来ないのか。」と泣きたくなります。その気持ちを子供にぶつけます。親の心子知らず。「なぜ親はあんなにガミガミ言うの?」子供は反発し、ますます勉強する気をなくします。

 

 学習塾は、これらの問題を解決するものです。

 

 さて、学習塾といっても様々ありますよね。どこも良い所だと思います。ただし、お子さんに合うか合わないかという問題があります。お子さんに合わない塾に通い続けても、良いことはありません。どうしても無理が生じます。無理が体調に来る場合もあるかも知れません。

 

 森永塾は、2週間体験入塾の期間を作っています。2週間塾に通ってみて、合うようならば続ければいいし、もし合わなければ、キャンセルされることに何の遠慮もいりません。その意味で、保護者の皆さんのリスクはゼロなのです。

 

 お子さんの塾選びの候補のひとつに、森永塾を加えてくださいますように!

 

森永塾 代表 森永博雄

 

電話:0978-63-3085

電子メール:morinaga.hirooアットマークkib.biglobe.ne.jp(「アットマーク」を「@」に変えてください)。